即日ガイドキャッシング

すぐにお金を借りるには?【即日ガイドキャッシング】

MENU

すぐにお金を借りるには?

普段の生活の中で「どうしても今日明日中にはお金を用意しなければならない」「もうすぐ給料日だけれど、それまでの間手持ちのお金が足りない」というようなことがあります。
こんなときはキャッシングを利用するのもひとつの方法で、即日融資ははじめて申込をした時でもその日にお金が借りられる利便性のあるシステムです。
申込は簡単、運転免許証と健康保険証、パスポートなどがあれば即日キャッシングに対応しているキャッシング会社のホームページから簡単に申込ができます。

 

即日融資で借りるには

即日融資は大手消費者金融や一部の銀行カードローンで申込ができますが、即日融資で借りるには、申込条件を満たしておく必要があります。
ほとんどのキャッシング会社の申込条件は「年齢20歳から65歳〜69歳までの安定した収入が有るかた」となっていますので、この条件さえ満たせばパートやアルバイト、派遣社員といったかたでも収入があれば申込ができます。

 

また、銀行カードローンの場合は消費者金融と違って、銀行カードローンの場合は「保証会社の保証が受けられるかた」となっていますので、銀行の審査と保証会社の審査に通る必要があります。
審査は受けてみないと借りられるかどうかの結果は実際に申込をしてみないとわかりません。
ただ、キャッシング会社のホームペーに「借入診断」があります。
「借入診断」の結果が100%正しいとは言えませんが、簡単な入力だけで融資が受けられるかどうかの診断ができるので、申込前に試してみることがポイントです。

 

即日融資で借りるには時間が重要

即日融資で借りる方法として、インターネットから申込む方法があります。
パソコンやスマホ、携帯があればキャッシング会社のホームページから申込ができます。
インターネットからの申込は24時間どこからでも申込ができるので、自宅や会社の休憩時間を利用して申込ができる便利な申込方法です。

 

インターネットから申込をして、口座へ振込をしてもらうためには申込み時間が重要になります。
キャッシング会社によって契約や振込手続きを済ませる時間が違うので、事前に確認しておきましょう。
ほとんどの場合、一般銀行の営業時間内に振込されるので平日の午後2時くらいまでに手続きが完了すればまず問題ありません。
ただ、曜日や時間帯によって混雑する場合もありますので、前もってわかっていれば前日の夜に申込をしておく、遅くとも午前中には申込を済ませておく必要があります。

 

銀行の営業時間外の即日融資は無理?

仕事の都合でどうしても指定時間内に手続きが終わりそうにもない、休みが土日や祝日だけなので即日融資で借りるのは無理と思っておられるかたも心配はありません。
最近はネットキャッシングで借入や返済が済ませられる会員サービスをおこなっているキャッシング会社が増えています。
会員サービスで指定口座に口座があれば24時間いつでも振込をしてもらえるサービスで、
たとえば、SMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」は三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座が有ることが条件になりますが、会員サービスの「瞬フリ」を利用すれば24時間いつでも振込をしてもらえるサービスがあります。
また口座を利用せずに、カード発行をしてもらってその日にお金を借りる方法があります。

 

無人契約機を利用する

大手消費者金融や銀行の一部にはそれぞれ呼び方が違いますが、無人契約機を設置しているところがあります。
無人契約機は365日午前9時から午後9時、10時まで営業しているので、無人契約機が近くにあれば土日や祝日といった休日でも即日融資で借りられます。

 

申込は直接無人契約機から申込む方法と、インターネットから申込む方法があります。
インターネットからの申込む方法は、ホームページから申込を済ませ、仮審査までを済ませておきます。
その後、本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)を持参して無人契約機へ行き、無人契約機で本審査を受ける方法です。
無人契約機なら銀行の営業時間を気にする事もないので、会社が終わった後や、土日祝日といった休日でも審査を受けてお金が借りられます。

 

本審査を受けてカードを受け取れば、備え付けのATMや提携ATMからお金が引き出せるので、無人契約機を利用した方法ならほぼ確実に即日融資でお金が借りられます。

 

即日融資で借りるためのポイント

即日融資で借りるために押さえておきたいポイントは
○即日融資が可能かどうか、また契約や手続きを完了させておく時間を調べておく。
○「借入診断」で借入が可能かどうかを調べておく。
○本人確認書類が準備できているか。
○無人契約機が近くにあるかを調べておく。(無人契約機を利用する場合)

以上、繰り返しになる部分もありますが、要点としてこれだけを確認して申込をすれば、即日融資で借りられる可能性は高いと言ってもよいでしょう。